ホーム > 研修事業 >熊本県 強度行動障害支援者養成研修(実践研修)

熊本県 強度行動障害支援者養成研修(実践研修)

研修概要

当財団は熊本県より委託を受け、標記研修を実施いたします。

研修概要

研修の目的 行動障害を有する者のうち、生活環境への著しい不適応行動を頻回に示すいわゆる「強度行動障害」を有する者は、自傷、他害行為など、危険を伴う行動を頻回に示すことなどにより、日常生活に困難が生じているため、現状では事業所での受け入れが消極的であったり、身体拘束や行動制限などの虐待につながる可能性も懸念される。
一方、障がい特性の理解に基づく適切な支援を行うことにより、強度行動障害が低減し、安定した日常生活を送ることができることが知られている。 このため、強度行動障害を有する者に対し、適切な支援計画を作成することが可能な職員の育成を目的とする強度行動障害支援者養成研修(実践研修)を実施する。
対象者 強度行動障害支援者養成研修(基礎研修)を修了している者のうち、原則として障害福祉サービス事業所等において、知的障がい、精神障がいのある児者を支援対象にした業務に従事している者、又は今後従事する者。
受講料 無料
開催日程 平成30年3月5日(月)〜6日(火)
実施場所 くまもと県民交流館パレア《熊本市中央区手取本町8番9号》
募集定員 60人程度
お申込 (1)提出書類、提出先及び提出方法
別添受講申込書及び強度行動障害支援者養成研修(基礎研修)の修了証書(写し)を
公益財団法人 総合健康推進財団 九州支部まで、
郵送(〒862−0926 熊本市中央区保田窪1−10−38)
又はFAX(096−386−7127)すること。

受講申込書のダウンロード(PDF)受講申込書のダウンロード(Word)

(2)申込書提出期限
 平成30年2月13日(火) 必着

(3)受講者の選考
定員を超える受講申し込みがあった場合は、次の点を考慮して、受講者を選考する。
1.熊本県内の事業所に勤務している者
2.「強度行動障害判定基準表」による事業所の利用者の状況
3.受講申込者の職種(現にサービス管理責任者、児童発達支援管理責任者又はサービス 提供責任者として従事している者を他職種より優先)
4.同一事業所からの申し込み人数

(4)受講者の決定
2月16日(金)頃までに受講決定(不決定)通知を実施機関(公益財団法人総合健康推進財団)からFAXにて通知する。 受講にあたり、事前課題(資料の読み込み)があります。受講決定した方には郵送にて送付 しますのでご確認ください。
カリキュラム カリキュラム(PDFファイル)
その他特記事項  (1)科目の免除は行わないものとする。
 (2)原則として補講は行わないものとする。
 (3)理由の如何にかかわらず、研修開始から20分以上遅刻した場合は欠席とする。
 (4)次の各号の一に該当する者は、受講を取消すことができる。
   1.学習意欲が著しく欠け、修了の見込みがないと認められる者
   2.研修の秩序を乱し、その他受講生としての本分に反した者
 (5)修了証書は、全科目受講したものに交付する。
 (6)本研修の基礎研修を修了した者かつ、実践研修を修了した者は、
    行動援護従事者養成研修を修了したものとみなされます。


研修・講座一覧
福祉施設向け職員スキルアップ研修

連絡先

事業案内 総合案内 インフォメーション